治療したら身体にかゆみが
~金属アレルギー治療~

「原因不明の身体のかゆみ」銀歯が原因のかもしれません

一般的な虫歯治療では、強い力がかかる部分や正面から見て目立たない部分には「銀歯」が使われます。また、差し歯(被せ物)やブリッジなどの内側には、強度を持たせるために金属が使用されているケースもあります。

しかし、これらの金属が引き金になって金属アレルギーを発症する可能性があるのです。そこで現在では、金属アレルギーの心配がある方には、銀歯ではなく金属不使用(メタルフリー)の素材を推奨しています。

大阪市東成区歯医者「かんの歯科クリニック」では、メタルフリー素材であるセラミックを使った治療が可能です。アレルギー検査で原因となる金属の特定も可能ですので、原因不明のかゆみや体調不良などでお悩みの方は、ぜひ一度当院へご相談ください。

金属アレルギーはさまざまな影響を及ぼします

銀歯をはじめとした金属は、だ液などの体液や飲食物に含まれる物質にさらされ、また経年劣化によって金属イオンが溶け出します。そして、金属イオンはたんぱく質と結合したときに異種タンパク(=異物)として認識され、身体が異物を排出するためのさまざまな働きをします。その働きによって口腔内はもちろん、全身に影響が現れることがあるのです。

口腔内への影響 全身への影響
  • 口内炎
  • 味覚異常
  • 舌炎
  • 口腔粘膜の知覚異常
  • 口唇炎
  • 金属イオンが歯ぐきに着色し黒ずみとなる
  • かゆみや蕁麻疹
  • 接触性皮膚炎
  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

金属アレルギーは遅延性アレルギーといい、すぐに症状が現れるものではありません。そのため、アレルギーの原因物質がお口の中にある金属だということは、なかなか特定されにくいのが現実です。もし上記のような症状があるなら、当院へお気軽にご相談ください。当院では金属アレルギーを行う皮膚科と連携しています。

歯科用金属の種類と危険度

歯科用金属には、金属アレルギーになりやすい金属を含むものがいくつかあります。危険度からいうと、イオン化傾向の高い金属が原因物質となることが多いようです。

危険度

ニッケル
クロム
コバルト
アマルガム(無機水銀)
アルミニウム
亜鉛
パラジウム
銀合金
白金・金など貴金属 チタン
近年、使用が制限されています。 銀自体は原因物質になりにくい素材ですが、合金に含まれる金属が原因となることがあります。 自費診療で使われる素材です。錆びにくく、金属の溶け出しや変色リスクも低いと考えられています。 インプラント体に用いられている素材で、腐食耐性・生体親和性の高い金属です。
金属アレルギーの治療

金属アレルギーの治療では、原因となっている金属素材をお口の中からすべて取り除き、セラミックなどのメタルフリー素材に変更します。しかしながら、遅延性アレルギーであるために、症状が治まるまでに個人差があり、数ヵ月から数年かかるケースもあります。

当院の金属アレルギー治療についてくわしくはこちらでご案内しています 東成高度精密歯科治療センター かんの歯科クリニック

このページの先頭へ