歯が痛い~一般歯科~

歯の痛みは虫歯の進行した証。早めに治療を受けましょう

虫歯は歯垢(プラーク)内に潜む虫歯菌による感染症です。原因となる虫歯菌は、食後のお口に残った糖分を栄養源に「酸」を生み出します。この「酸」によって歯質が溶かされていくのが虫歯なのです。

初期段階の虫歯は、自覚症状がほとんどありません。痛みやしみる症状があれば虫歯が進行している証拠。虫歯は自然治癒しませんので、お口の異変に気づいたら、お早めに大阪市東成区歯医者「かんの歯科クリニック」にお問い合わせください。

虫歯の進行段階について

歯は、表面からエナメル質・象牙質・歯の神経という構造になっています。虫歯になると外側にあるエナメル質から徐々に溶かされ、段階によってCO~C4の5つに症状が分けられます。こちらでは、症状に合わせた治療をご紹介します。

CO:ごく初期の虫歯

症状・状態
歯の表面にあるエナメル質が溶かされはじめ、白く濁って見えます。痛みなどの自覚症状はまったくありません。
治療法
適切なブラッシングに加え、歯の再石灰化を促す効果がある「フッ素塗布」を行うことで自然治癒することがあります。
C1:エナメル質の虫歯

症状・状態
エナメル質が溶かされ、黒ずんで見えたり、小さな穴が開いていたりします。この段階でも「歯が痛い」「歯がしみる」といった自覚症状はほとんどありません。
治療法
虫歯に冒された部分を削り、歯科用プラスチック(レジン)で埋めます。
C2:象牙質の虫歯

症状・状態
虫歯がエナメル質の下にある象牙質まで進行した状態です。冷たいもの・甘いものなどを口にするとしみるようになります。
治療法
虫歯に冒された歯を削り取り、詰め物・被せ物で歯を補います。
C3:神経の虫歯

症状・状態
象牙質が溶かされ、歯の内部を通る歯髄(しずい:神経や血管の通り道)が虫歯に冒された状態です。何もしていなくても歯にズキズキと痛みを感じます。
治療法
歯髄を取り除き、内部に薬剤を詰め、被せ物を装着する「根管治療」を行います。
C4:末期の虫歯

症状・状態
歯の大部分が溶かされ、歯の根だけ残っている状態です。歯の神経が死んでいるため痛みは感じませんが、放置すると歯の根に膿がたまり、再び激痛を感じます。
治療法
抜歯するしか方法がなく、歯を失った部分に入れ歯インプラントといった補綴(ほてつ)治療を行う必要があります。
深い虫歯でも大切な歯を残す治療「根管治療」

根管治療では汚染された歯髄を取り除き、歯の内部を洗浄・消毒を行います。その後、歯髄がなくなった空間に隙間なく薬剤を詰め、被せ物で歯の機能を回復します。この根管治療は、歯髄の入っている根管内が非常に狭く、複雑な形状をしているため、より精密な技術が要求されます。

当院では安全・安心で、より高い水準の精密治療をご提供するため、患部を最大30倍に拡大できる手術用顕微鏡「マイクロスコープ」を使用して治療を行っています。また、必要に応じて歯科用CTを使った精密検査を実施し、より綿密な治療計画を立てる努力をしています。

かんの歯科クリニックが根管治療を解説したこちらのサイトもご覧くださいかんの歯科クリニックの根管治療サイトはこちら

ご年配の方も「安心」の高齢者歯科

歳を重ねると身体にさまざまな不具合が発生します。そこで当院の歯科治療では、高齢の方が注意するべき疾患などを踏まえた診断・治療に力を入れています。また、かかりつけの医院がある場合は、連携しながら全身の健康を考えた治療をご提案することも可能です。

当院の院内はバリアフリー化していますので、足が不自由な方、車イスの方にも安心してご来院いただけます。また、できるだけ痛みを感じさせない治療にも取り組んでいますので、安心しておまかせください。

当院ではできるだけ痛みを感じさせない治療への取り組みを行っています痛くない治療~無痛治療~はこちら

このページの先頭へ