失った歯を取り戻したい~インプラント~

インプラントで自分の歯のような咬み心地を取り戻しませんか

インプラント治療は、失った歯の機能を回復する入れ歯やブリッジなどと同じ補綴(ほてつ)治療です。歯を失ったところの顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上へ冠を取りつけることで、天然歯と変わらない咬み心地を取り戻せます。

大阪市東成区歯医者「かんの歯科クリニック」では、安全で精密なインプラント治療に対応しています。今やインプラント治療に不可欠といわれる歯科用CTスキャンやマイクロスコープなどの最新設備も導入し、正確で質の高い治療をご提供しています。

インプラントのメリット・デメリット

インプラント治療にはメリット・デメリットがありますので、よく理解したうえでご検討ください。

メリット デメリット
  • 自分の歯のような咬み心地が蘇る
  • 天然歯と見分けがつかないほど美しく自然な見た目が得られる
  • 1本から治療が可能で、周囲の歯に負担がかからない
  • 顎の骨に咬む刺激が伝わりやすく、顎が痩せにくい
  • 外科的手術が必要なため、持病や全身疾患があると治療を受けられない
  • 保険適用されないため、治療費が高額になる
  • 治療期間が3ヶ月半~半年と長い
  • インプラント周囲炎を起こさないよう、メンテナンスを続ける必要がある

  • 歯を失い、自然な咬み心地の治療を探している
  • 元の歯をかわらない見た目に戻したい
  • 現在使っている入れ歯に不満がある
  • 入れ歯を何度作りなおしても満足できない
  • 入れ歯の使い勝手が悪く、しゃべりにくくて外れやすい
  • 入れ歯の手入れが面倒に感じる
  • 部分入れ歯のバネが気になる
  • 一番奥の歯を失ったため、ブリッジが使えない
  • 周囲の歯に負担のかからない治療法にしたい
  • 硬い食品が咬めず、食事が楽しくない

安全・安心なインプラント治療のために

当院では、安全・安心なインプラント治療を実現するため、最新の機器を導入してより精密な治療ができる体制を整えています。

歯科用CT

口腔内を立体的な映像で確認し、レントゲンでは確認できない顎の骨や神経などの位置を知ることで、より精密な治療計画を立てることができる歯科用CT。当院では、ドイツのシロナ社製の歯科用CTを採用しています。高解像度の画質はとてもきれいであるにもかかわらず、撮影時間が短縮化されていますので患者様の負担を軽減することもできます。

サージカルガイド

インプラント(人工歯根)を正確な角度と深さで顎の骨に埋入するためのガイド装置です。サージカルガイドは歯科用CTで取得したデータをもとに、患者様一人ひとりに合わせて作成します。作成時にはシミュレーションを重ねるため、より正確なインプラントの埋入が可能です。

当院のインプラント治療の流れについてくわしくはこちらでご案内しています 東成高度精密歯科治療センターかんの歯科クリニック

このページの先頭へ