痛くない治療~無痛治療~

「痛い」「怖い」といった歯科治療の不安を取り除く「無痛治療」

歯科治療時の「キーン」という音を聞くとゾッとする歯医者への苦手意識が強い 子どものころの治療がトラウマで歯医者に行けない もう何年も歯の痛みをガマンしている

このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか? 大阪市東成区歯医者「かんの歯科クリニック」では、歯科治療に恐怖心や苦手意識がある方の「不安」を「安心」に変える無痛治療にこだわった診療を行っています。

治療で感じる痛みの原因とは?

歯科治療で痛みを感じる理由として、歯や歯肉を通る神経に刺激が伝わることが挙げられます。歯の内側を通る歯髄(しずい)と呼ばれる神経や血管の通り道まで虫歯が達すると、何もしていなくても激しい痛みを感じるのも同じことです。

また、歯科治療での痛みとして、歯ぐきに注射する麻酔も大きな要因のひとつ。注射針「歯肉に刺さったときの「チクッ」とした痛み、また麻酔液が注入されてきている感覚が「怖い」「痛い」といったイメージにつながるのです。

「痛くない!」無痛治療への取り組み

痛みの少ない治療を実現するため、注射針を使う前に表面麻酔を採用したり、注射針を使う場合は極細の注射針を使用したりするなど、さまざまな取り組みを行っています。また、患者様の苦手意識や緊張感を和らげるため、丁寧なコミュニケーションを心がけています。

取り組みその1:「わかりやすい説明」と「くわしい情報提供」

治療時の不安のひとつに「何をされているのかわからない」というものがあるかと思います。こういった不安は恐怖心や嫌悪感につながるのです。当院では、こういった問題を患者様にクリアしていただくため、カウンセリングに力を入れています。個室のカウンセリングルームで、お口の状況(検査結果)や治療法について丁寧にわかりやすくご説明。治療時にも処置毎に「麻酔をします」「歯を削ります」のように声をおかけし、これからする治療をお伝えしています。

取り組みその2:痛くない麻酔注射

麻酔の痛みを軽減するためには、本当にさまざまな方法があります。たとえば歯ぐきに麻酔液を塗る「表面麻酔」。たったこれだけで、麻酔針が刺さったときの「チクッ」とした痛みは軽減されます。また麻酔注射を使う際は、33ゲージの極細注射針を使用し、さらに電動麻酔注射器で麻酔薬が注入されるスピードを制御することで、痛みを感じない程度にコントロールすることも可能です。

取り組みその3:治療はゆっくりと、かつ手際よく

歯を削る音そのものが苦手な方のために、器具の回転数を遅くして、音を出さずにゆっくりと削るといった工夫もしています。そのほかにも、個別の患者様の苦手なものをできるだけ排除するよう配慮しています。

少しでも歯科医院に恐怖心がある方は当院へご相談ください

痛みや不安に感じることは、本当に人それぞれです。当院では、カウンセリングや患者様とのコミュニケーションを通して、それぞれの患者様に合った無痛治療をご提案したいと思っています。歯科治療が必要なのはわかっているけれど、苦手意識が強くてなかなか歯科医院へ行けないという方、ぜひ当院へご相談ください。

安心してご来院いただくための取り組みはこちら

診療ご予約・ご相談・お問い合わせはこちらからお電話ください大阪市東成区 かんの歯科クリニック 電話:06-6977-4182 月~金 9:30~13:00 / 15:00~19:00  土  9:30~13:00 / 14:00~17:00休診日 日祝

このページの先頭へ