歯科コラム

2018.04.24

キシリトールの効果ってなんですか?<お口のQ&A>

キシリトールには、虫歯の原因を作り出さない効果があります。

キシリトールとは糖アルコールの一種で、天然の代用甘味料です。野菜や果物、例えばいちごやバナナなどの中にもキシリトールは含まれています。

キシリトールに虫歯の予防効果があると言われている理由のひとつは、「虫歯の原因である酸が作られないから」です。虫歯菌であるミュータンス菌は、糖分を分解して酸を作りだします。この酸によって歯が徐々に溶けると虫歯になります。しかしキシリトールの場合、ミュータンス菌によって分解されないため、酸が作られません。そのため虫歯の原因にならないのです。またキシリトールはミュータンス菌の動きを弱める働きもあります。ミュータンス菌はキシリトールを分解できないものの代謝しようとするため、徐々に働きが弱ると言われています。

しかし一般のキシリトールガムやあめには。100%のキシリトールが入っているものは少なく、たいていの場合その他の甘味料が含まれています。また、キシリトールガムなどを食べていれば虫歯にならないと勘違いされる方も多いですが、キシリトールは虫歯の原因を作り出さないだけであって、虫歯を完全に予防するものではありません。必ず食後は歯磨きをしましょう。

かんの歯科クリニックが伝えたい7つのこと かんの歯科クリニック|小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン
入れ歯のお悩みありませんか? 歯科医師募集 EPARK
私の道しるべ