歯科コラム

2018.04.24

虫歯は歯磨きで治りますか?<お口のQ&A>

基本的に虫歯は歯磨きでは治らないため、適切な治療が必要です。

虫歯は一度できてしまうと、ほとんどの場合自然には治りません。お口の中に常在しているミュータンス菌(虫歯菌)が糖分を代謝したときに酸を出します。この酸によって歯が徐々に溶かされるのが虫歯の始まりです。虫歯が進むと、次第に冷たいものがしみるようになったり、ズキズキ痛むようになります。このように自覚症状が出ている虫歯は歯科医院で適切な処置を受ける必要があります。

しかし、ごく初期の虫歯であれば自然治癒することもあります。酸によって歯の表面が溶かされることを脱灰といいます。脱灰すると歯の表面が白っぽくなりますが、この段階ではまだ歯に穴は空いていません。虫歯の一歩手前の状態です。歯が再石灰化(溶けた歯の表面が修復されること)されれば、自然治癒していきます。

フッ素はこの再石灰化を促し、初期の虫歯が自然治癒するのを助けてくれます。できるだけフッ素の含まれている歯磨き剤を選びましょう。また、歯科医院での定期的なフッ化物塗布もおすすめいたします。その際に正しい歯磨きの仕方を教えてもらい、毎日のケアを通して虫歯を予防していきましょう。

かんの歯科クリニックが伝えたい7つのこと かんの歯科クリニック|小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン
入れ歯のお悩みありませんか? 歯科医師募集 EPARK
私の道しるべ