歯科コラム

2018.04.24

銀歯は体に悪い影響がありますか?<お口のQ&A>

人によっては、金属アレルギーになるリスクがあります。

虫歯治療のひとつに、金属の詰め物や被せ物(クラウン)を入れる方法があります。保険の範囲内で奥歯の虫歯を治そうとすると、小さい虫歯はプラスチックの詰め物(レジン)で対応できるかもしれませんが、大きい場合は金属の詰め物、もしくはクラウン(被せ物)になります。このときに使われる金属はたいていパラジウムという金属ですが、一昔前の虫歯治療には、水銀が含まれているアマルガムという金属が使用されていました。

金属の詰め物を入れるデメリットには以下のものがあります。

・金属アレルギーを引き起こすことがある

・審美性に劣る

・二次カリエス(再度虫歯になること)のリスクがある一方メリットもあります。

・耐久性に優れている

・保険適応のため治療費が安い

歯科で使用されている金属は安全だとは言われていますが、それでも金属が体にいいことはありません。お口の中は高温多湿のため、微量ではありますが金属はサビて溶け出してきます。人によっては金属アレルギーを引き起こします。

数年前から小臼歯(前から4番目と5番目の歯)には、CAD/CAM冠というプラスチックとセラミックが混ざったクラウンが保険適応になりました。しかし奥歯(大臼歯)のクラウンは保険では金属になってしまいます。費用は金属と比べると高額にはなってしまいますが、やはりセラミックなどのメタルフリーの詰め物は体には優しいです。歯科医師とよく相談して決めましょう。

かんの歯科クリニックが伝えたい7つのこと かんの歯科クリニック|小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン
入れ歯のお悩みありませんか? 歯科医師募集 EPARK