歯科コラム

2018.04.24

入れ歯はどういう場合に作るのですか?<お口のQ&A>

何らかの理由で抜歯したところの治療方法のひとつに、入れ歯の作製があります。

虫歯や歯周病などが原因で歯を抜いた場合、そのまま放置するのはよくありません。抜歯した歯の前後の歯が倒れ込んできたり、噛み合うはずの歯がなくなるため対合歯(噛み合っていた歯)が移動してきます。歯が移動してくると全体の噛合わせもズレてきます。噛合わせがズレると顔の形や全身のバランスにも影響を与えます。このようなことが起きないための治療方法のひとつに、入れ歯の作製があります。

入れ歯には多くの種類があります。保険で作ることのできる入れ歯もあれば、自由診療の入れ歯もあります。入れ歯のメリットには以下の点があります。

・取り外して洗える

・保険適応のものがある

・1本から広範囲の歯の欠如にも対応できる一方、デメリットもあります。

・違和感がある

・バネをかける歯に負担をかける

・保険の範囲内では審美性に劣る

抜歯した部分の治療法には、入れ歯作製の他にもブリッジの作製や、インプラントなどもあります。それぞれの治療方法にはメリット・デメリットもあります。よく歯科医師からの説明を聞き、どの治療方法が最適か相談しましょう。

かんの歯科クリニックが伝えたい7つのこと かんの歯科クリニック|小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン
入れ歯のお悩みありませんか? 歯科医師募集 EPARK
私の道しるべ