歯科コラム

2018.04.24

親知らずは抜いた方がいいのでしょうか?<お口のQ&A>

親知らずの手前の歯が虫歯・歯周病になったりするため、抜いたほうがいいです。

親知らずとは、18歳以降に生えてくる8番目の歯、一番奥の歯です。親知らずは斜めに生えてきたり、真横に生えていたりすることもあれば、親知らず自体がない方もいます。真横に生えている場合、人によっては一生表に出てこないで、骨の中で埋まっていることもあります。

親知らずがあると、以下のようなデメリットがあります。

  1. 虫歯になりやすい
    親知らずは一番奥にあるため、歯ブラシが入りづらいです。そのため親知らずやその1本手前の歯が虫歯になりやすくなります。
  2. 歯周病になりやすい
    親知らずの周りは磨きづらいため、その周りで細菌が繁殖し、歯茎に炎症が起きます。この炎症を放置していると徐々に周りの歯槽骨も溶けてきて、歯周病が進んでしまいます。
  3. 妊娠中は抜歯できない
    女性の方であれば、妊娠中にたとえ親知らずが痛くなっても抜くことができません。そのため早めに抜くことをおすすめします。

当医院では、親知らずの抜歯も行っています。骨の中に埋まっている親知らずも、下歯槽管という顎骨の中の神経に近くない限り、抜歯いたします。危険な場合には、総合病院の口腔外科を紹介いたします。

かんの歯科クリニックが伝えたい7つのこと かんの歯科クリニック|小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン
入れ歯のお悩みありませんか? 歯科医師募集 EPARK
私の道しるべ