歯科コラム

2018.04.24

子供の矯正は何歳からすれば良いですか?<お口のQ&A>

6歳頃に一度矯正歯科で診てもらいましょう。

歯並びは、見た目の印象を大きく左右します。それだけでなく、噛合わせがズレていると、筋肉や骨の発達にも影響を及ぼします。またよく噛むことができないと消化吸収能力が低下し、全身の健康にも影響があります。そのため、当医院では積極的に矯正治療をおすすめしています。

子供の歯並びが気になる方は、できれば6歳くらいから矯正歯科で診てもらいましょう。6歳ごろに6歳臼歯という第一大臼歯が生えてきます。このころにだいたいの歯並びが決まってきます。本格的な矯正治療を何歳ごろから始めるべきか、顎を拡大させる装置などを着ける必要があるかどうか、診てもらうのに良い時期といえます。

本格的な矯正治療は、成長が止まってから短期間で一気に行うことをおすすめいたします。歯と歯の重なりが強かったり、前歯が前に出ている場合は、抜歯する可能性もあります。ブラケットという金属の装置を歯の表面に貼り付け、徐々に歯を動かしていきます。

矯正治療が可能なのは子供だけではありません。大人も可能です。大人の場合は、矯正期間に1年から4年ほどかかります。その後リテーナーという保定装置を装着します。
矯正治療について気になる方には矯正歯科をご紹介いたしますので、どうぞご相談ください。

かんの歯科クリニックが伝えたい7つのこと かんの歯科クリニック|小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン
入れ歯のお悩みありませんか? 歯科医師募集 EPARK