歯科コラム

2018.04.24

フロスは必要ですか?<お口のQ&A>

歯ブラシだけでは歯と歯の間の汚れを落とせないため、フロスの使用が必要です。

実は丁寧に磨いているつもりでも、歯ブラシだけでは全体の60%程度しか汚れが落とせないと言われています。40%も磨き残しがあるのです。その磨き残しはたいていの場合、歯と歯の間にあります。歯ブラシだけでは歯と歯の細かい隙間まで磨くことができません。そのため、デンタルフロスで歯と歯の間をキレイにお掃除する必要があるのです。

歯と歯の間の汚れを放置していると、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。歯と歯の間にプラーク(細菌の塊)が付着していると、その中の細菌から出される酸によって虫歯になりやすくなります。またそのプラーク中の細菌によって歯茎や、歯を支える周りの組織に炎症が起きます。これが歯周病の始まりです。虫歯と歯周病を予防するには、毎日デンタルフロスを使うことは欠かせません。

デンタルフロスを使うことはその他にも多くのメリットがあります。例えば、歯と歯の間の虫歯を見つけやすくします。デンタルフロスを使ったときに、引っかかる場合虫歯になっている可能性があります。歯科医院で見てもらいましょう。また学童期の子供のお口の中は、乳歯と永久歯が混在しています。そのため歯と歯の間に食べ物が挟まりやすいです。子供にもデンタルフロスを使う習慣をつけさせましょう。

かんの歯科クリニックが伝えたい7つのこと かんの歯科クリニック|小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン
入れ歯のお悩みありませんか? 歯科医師募集 EPARK
私の道しるべ