歯科コラム

2018.05.06

Q.虫歯にまったくかからない人っているの?

A.全くかからない人という方はいませんが、なりにくい人はいます。

以下の要素は虫歯のなりにくさ、なりやすさに関係します。

1.細菌数

虫歯菌の代表的なものは、ミュータンス菌です。ミュータンス菌は、お口の中に入ってきた食べ物や飲み物の中に含まれるショ糖を分解しながら増殖します。この時に作り出される酸によって、歯のエナメル質が溶かされ、徐々に穴が空いて虫歯ができます。このミュータンス菌は人によって数が違い、治療していない虫歯がある方はミュータンス菌の数も多いため、他の歯も虫歯になりやすいです。逆に、今まで虫歯にほとんどなったことのない方や、すでに治療済みの方はミュータンス菌数が少ないため、虫歯になりにくいでしょう。

2.食習慣

食習慣は虫歯のなりやすさと関係しています。だらだらとお菓子やジュースを飲む習慣のある方は、虫歯になりやすいです。逆に、きっちりと時間を決めて間食する方や、寝る前に食べたり飲んだりしない方は、虫歯になりづらいでしょう。

3.歯磨き習慣

やはり歯磨きがきちんとできていると、虫歯になりにくいです。プラーク(歯垢)の中には多くの細菌が潜んでいるため、歯ブラシでしっかりと落とすことが大切です。デンタルフロスを使って、歯間部の汚れも落としましょう。

かんの歯科クリニックが伝えたい7つのこと かんの歯科クリニック|小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン
入れ歯のお悩みありませんか? 歯科医師募集 EPARK