歯科コラム

2018.05.07

Q.虫歯を放っておいたら痛みが無くなりました。治ったの?

A.いいえ、神経が死んでしまった可能性があります。すぐに歯科医院に行きましょう。

歯の中には「歯髄」と呼ばれる知覚を司る神経があります。そのため、虫歯が神経の近くまで進むと冷たいものでしみたり、痛みを感じます。その状態を放置すると、夜眠れないほどの痛みに変わっていきます。さらにその状態を放置するとやがて痛みは収まります。それは、歯髄が死んでしまって、痛みを感じなくなったからです。

歯髄は歯に栄養や水分を供給しています。そのため歯髄が死ぬと、以下のデメリットがあります。

1.今後その歯に何かが起きても気づかない
2.歯の寿命が短くなる
3.歯の色が変わる
4.歯がもろくなる

基本的に、虫歯は自然治癒することはありません。痛みが消えたということは歯髄が死んでしまった可能性が高いです。そのまま虫歯を放置すると、最悪の場合その歯を抜くことにもなり兼ねません。痛みが出ているのなら必ず早めに歯科医院に行き、治療をしてもらいましょう。

かんの歯科クリニックが伝えたい7つのこと かんの歯科クリニック|小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン
入れ歯のお悩みありませんか? 歯科医師募集 EPARK