歯科コラム

2018.05.09

Q.年齢によって歯ブラシは使い分けるべき?

A.幼少期は乳歯用の歯ブラシ、大人になってからはそれぞれのお口の中の状態に合わせて、歯ブラシを変えていきましょう。

・乳幼児期

この時期は歯ブラシの習慣に慣れさせる必要があります。
乳歯はとても小さく、お口の中の粘膜も弱いため、ヘッドの小さなものを選ぶようにしてください。
お子さんが持ちやすいようにブラシの柄の部分が握りやすいものもあります。
また仕上げ磨き用の歯ブラシを別に用意してください。ヘッドが小さく、握りやすいものを選びましょう。

・学童期

この時期は乳歯と永久歯が混在するため、磨きにくい時期でもあります。お子さん自身が使う歯ブラシは、ヘッドの小さく、持ちやすいものを選んでください。
毛の硬さは普通から柔らかめを選ぶようにしましょう。

・成人期〜高齢期

成人後は、お口の中の状態に応じて歯ブラシを選ぶ必要があります。
例えば、歯周病の方が毛先の硬い歯ブラシを使用すると、痛くて磨けません。柔らかいものを使用しましょう。
また、高齢の方や手が不自由な方は、ヘッドが大きく、柄の太いものを選びましょう。

かんの歯科クリニックが伝えたい7つのこと かんの歯科クリニック|小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン
入れ歯のお悩みありませんか? 歯科医師募集 EPARK
私の道しるべ