歯科コラム

2018.05.11

Q.歯が一部だけ小さい気がしますが大丈夫ですか?

A.矮小歯だと思われます。基本的にそのまま様子を見ても問題はありませんが、定期的に歯科医院で検診してもらいましょう。

「矮小歯」は、あまり馴染みのない言葉だと思います。矮小歯とは、通常の歯と比べて小さい歯のことを指します。多くの場合、上の前歯の2番目の歯が矮小歯になる確率が高いです。原因はいまだに不明ですが、ビタミンDの欠乏や、下垂体機能低下などが考えられています。多くの場合、経過観察になります。しかし、場合によっては治療を勧められることもありますので、よく歯科医師と相談しましょう。

矮小歯があることによって起こるトラブルには、以下のものがあります。

・すきっ歯

本来の歯よりも小さいため、スペースが余ってすきっ歯になりやすいです。

・噛み合わせ異常

本来の歯の形よりも小さいため、下の歯との噛み合わせがズレてしまうことがあります。

矮小歯の治療には以下のものがあります。

・矯正治療

・ダイレクトボンディング法
これはコンポジットレジンと呼ばれるプラスチックを直接矮小歯に盛って、通常の歯の大きさに見せかける方法です。

・セラミッククラウン
矮小歯の上からクラウンと呼ばれる冠をかぶせる方法です。

気になる方は、一度歯科医師と相談しましょう。

かんの歯科クリニックが伝えたい7つのこと かんの歯科クリニック|小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン
入れ歯のお悩みありませんか? 歯科医師募集 EPARK