歯科コラム

2018.05.15

Q.歯周病って何ですか?

A.歯周病菌によって、歯周組織が破壊されていく感染症のことです。

歯周病は、30歳以上の方の5人に4人がかかっていると言われています。80%が歯周病なのです。

また、世界で最も感染者の多い病気としてギネスブックにも登録されている病気でもあります。

時代や国に関わりなく、多くの方がこの歯周病に悩まされてきました。

私たちの口腔内には歯周病菌が生息しています。この歯周病菌はプラーク(歯垢)の中に生息します。食べカスをエサにして増殖しますが、その際に毒素を排出します。この毒素によって歯ぐきに炎症が起きることが、歯周病の始まりです。その状態を放置すると、やがて歯を支える歯槽骨まで溶けていきます。最終的には歯を支えきれなくなって、抜けてしまうのが歯周病です。

歯周病を予防するために、以下のことを心がけましょう。

・毎食後、特に就寝前の歯磨きを念入りに行う
・歯間ブラシまたはデンタルフロスを使用して、歯間部を磨く
・定期的に歯科医院でブラッシング指導を受ける
・定期的に歯科医院でクリーニングしてもらう

かんの歯科クリニックが伝えたい7つのこと かんの歯科クリニック|小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン
入れ歯のお悩みありませんか? 歯科医師募集 EPARK
私の道しるべ