歯科コラム

2018.05.16

Q.神経の治療って1回で終わらないのですか?

A.神経のあった部屋を消毒したり、その後土台や被せ物の型どりを行うため、1回では終わりません。

神経の治療を行うには、何度か歯科医院に通わなければなりません。神経の治療をしなければいけない原因によっても、治療の回数は変わってきます。
例えば、虫歯が神経の部屋まで到達した場合、内部が虫歯菌に感染しているため、何度か消毒をして虫歯菌を殺菌しなければなりません。

しかし、転んで歯を折ってしまったなど虫歯以外の理由で神経の治療になった場合、消毒を何度もする必要はありません。

そのため虫歯の時と比べて、治療回数は減ります。消毒が終わった後、空洞になった神経の部屋を最終的なお薬を詰めます。これで根管治療は終了です。

しかし根管治療が終わっても、全ての治療が終わったわけではありません。神経を抜いた歯はもろいため、補強するための土台を作る必要があります。土台をどのような材質で作るかによって回数は変わりますが、一般的な保険治療の場合、以下の治療工程があります。
1.土台の型どりをする
2.出来上がった土台をつける
3.最終的な被せ物(クラウン)を作るための型どりをする
4.出来上がった被せ物をつける

最近は、土台や被せ物をその場で作れる機械もあるため、患者さんの通院回数は少なくなりました。

それでも、全ての行程を1回で終わらせることはできないため、何度か通う必要があります。

かんの歯科クリニックが伝えたい7つのこと かんの歯科クリニック|小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン
入れ歯のお悩みありませんか? 歯科医師募集 EPARK
私の道しるべ