歯科コラム

2018.05.22

Q.キシリトールって歯にいいのですか?

A.虫歯の原因にならなかったり、虫歯菌の活動を抑えてくれるため効果的です。

キシリトールとは、糖アルコールの一種で、天然の代用甘味料です。
イチゴやトウモロコシなどの食材にも含まれています。砂糖と比べてカロリーも低いです。
テレビコマーシャルでもキシリトールガムの宣伝が流れますが、キシリトールは虫歯の原因とならないため、歯にいいと言われています。私たちのお口の中にはミュータンス菌という虫歯菌が存在します。


このミュータンス菌はお口の中に入ってきた食べ物や飲み物の中に含まれる“ショ糖”を分解しながら増殖します。
このときに作られる酸が虫歯の原因になります。
しかし、ミュータンス菌はキシリトールを分解することができません。酸も発生することがないため、虫歯の原因になりません。

また、キシリトールは虫歯菌の活動を抑える働きがあります。ミュータンス菌はキシリトールを分解できないため増殖することができません。
逆に栄養となるものがないため、徐々に数が減っていきます。そのため虫歯予防に効果的なのです。

ただし、キシリトールガムを食べていたら虫歯に全くならないということはありません。食後は必ず歯磨きをして、汚れを落としましょう。

かんの歯科クリニックが伝えたい7つのこと かんの歯科クリニック|小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン
入れ歯のお悩みありませんか? 歯科医師募集 EPARK