歯科コラム

2018.05.24

Q.乳歯はいずれ抜けるので根管治療しなくてもよいですか?

A.乳歯に根尖病巣が出来たりすると永久歯に悪影響を及ぼすため、乳歯でも積極的に根管治療はした方が良いと考えます。

虫歯が大きくなると、やがて神経の部屋まで到達するため強い痛みを感じます。
そこまで虫歯が進んでしまった場合、根管治療つまり、虫歯菌に感染した神経を除去して、消毒する必要があります。
しかし患者さんの中には、「乳歯はいずれ抜けるのだから放置しても問題はない」と考える方もおられます。
しかし、それはとても危険なことです。

神経の部屋まで達した虫歯を放置すると、「根尖病巣」ができることがあります。根尖病巣とは、歯の根っこの先にできた膿の袋のことです。
この膿の袋は顎の骨を溶かしながら大きくなっていきます。
そのため、乳歯に根尖病巣ができると、その下から生えてくる永久歯への影響が及びます。
後から生えてくる永久歯が発育不全になったり、生えてくる位置がズレてしまうなどの影響が考えられます。

虫歯は放置しても治ることはありません。とりわけ乳歯の虫歯は進行が早いです。
虫歯が見つかったなら、早めに治療しましょう。
そして虫歯を予防するために、日ごろから歯科医院で定期検診を受けましょう。

かんの歯科クリニックが伝えたい7つのこと かんの歯科クリニック|小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン
入れ歯のお悩みありませんか? 歯科医師募集 EPARK
私の道しるべ